2010年05月23日

軍艦行進曲と義勇軍行進曲の類似性

軍艦マーチ中国国歌合体楽譜キャプ.jpg



大日本帝国海軍の軍歌「軍艦行進曲」。軍艦マーチとしてよく知られている。マーチとしては、名曲の部類に入るかと思う。中曽根首相が米国を訪問した時には、彼が元日本海軍ということで米海軍軍楽隊がこの曲を演奏して迎えている。瀬戸口藤吉により1900年に作曲された。


一方、1949年に中国国歌となった「義勇軍行進曲」(注:中国語では「義勇軍進行曲」)は、中国から日本に渡ってきた聶耳(じょうじ、ニエアール Nie Er 当時23才 雲南省昆明出身)によって1935年に作曲された。この曲も素晴らしい曲だと思う。オリンピックでの中国人選手の活躍に伴い、近年になって耳に多く入るようになった。


この作曲家は、その年7月に神奈川県藤沢市の湘南海岸で残念ながら遊泳中に水死してしまった。現在、藤沢市の湘南海岸公園に彼の石碑が建てられている。生まれた場所と亡くなった場所の縁で、藤沢市と昆明市は現在友好都市となっている。


今回私が、このブログ上でおもしろい結果を披露してみようと思ったのは、ネット上で下記のような記事を発見したからだ。Searchinaというサイトの2010年5月7日の記事である。

以下引用

くすぶる疑念、万博ソングの盗作疑惑が国歌に飛び火も、識者は否定

(中略)

作曲者の聶耳氏は、作曲当時は東京に在住しており、作詞作曲を担当した両者ともに日本とかかわりがあったことは確かであるが、王錦思氏は「日本の行進曲を参照し、日本の単語を借用し、日本で完成した歌ではある」と認めながらも、義勇軍行進曲は日本からの盗作ではないと否定した。

引用終わり

「義勇軍行進曲」が盗作であることは否定しているが、「日本の行進曲を参照した」と書かれている。参照したのは、曲調からして、何を隠そう大日本帝国海軍の「軍艦行進曲」である。


ということで、どの程度参照しているか、今回わたしが愛用しているMacのガレージバンドというソフトを使って、二つの曲の出だしの2小節を、1小節ずつ分割してくっつけてみた。AA'  BB'という感じである。上のプレーヤーで聞いてみてほしい。なお、比較を容易にするために、小節ごとにキーをそろえてある。


似ている?似てない?私はやはり似ていると感じた。ちなみにこの部分以外は全く似ていない。


次に、もう少し検証しやすくするため、下記楽譜の通り、義勇軍行進曲の第1小節に、直前の音階と同じ高さに音符を一つ追加、第2小節からは音符を一つ削除して再度つなげてみた。


軍艦マーチ&義勇軍マーチ編曲楽譜キャプ.jpg


聴いて分かる通り、音符を1個入れる、あるいは1個抜くだけでほぼ同じになる。



1930年代から1940年代の日本において軍艦行進曲は、ラジオを通じて至る所で流れていた。東京に住んでいた聶耳も耳にしていただろう。彼はこの日本の名曲を参考にして、後の中国国歌となる素晴らしい曲のイントロに導入したと思われる。


義勇軍行進曲は、もともと「風雲児女」という1935年封切りの中国映画の主題歌として制作された。抗日映画とも言われている。田漢作詞の歌詞を見ると、確かに抗日とも取れるし、田漢は共産党員だったことからすると、対蒋介石国民党の歌とも取れる。


いずれにせよ、抗日とも取れる映画主題歌が、日本軍のマーチを参考にして作られたとしたら、それは「未国際化時代」「未情報化時代」のおおらかさゆえ、としか言いようがない。目くじらをたてることではない。


音楽に国境はない。最初の制作者に敬意を払いながら、たがいに刺激し合い、参考にしてどんどんいい音楽ができていけば、それでいいではないか、と思う。

posted by crer at 02:01| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。